女性の労働環境は

日本でも女性の社会進出が活発になってきているとはいえ、まだまだ平等とは言い難い環境のようです。出産、育児後の再就職は難しく、職場復帰も職場の理解を得られなければマタハラの被害に遭います。また、育児とお仕事の両立も難しいです。日本ではまだまだ女性の社会進出が遅れていますが、海外ではどうなのでしょう。オセアニアでは男女平等の雇用機会が与えられているそうですが、収入格差は大きいのが現状です。出産、育児休暇も後進国でしたが、法律で休暇を義務にしたりと女性の労働環境の向上に対して積極的な姿勢を見せています。女性の社会進出が活発なヨーロッパでは国が財源の一部を負担するなど、出産、育児休暇に積極的です。特に北欧諸国は男性と女性の格差が最も少ない国の一つとして知られています。ヨーロッパでは女性の社会進出に対してかなり積極的です。そして、アメリカですが、意外とアメリカは出産、育児休暇に対して後進国となっています。特別な法律も無く無給で取得できる休暇があるくらいなのだそうです。このため、アメリカでは育児休暇をほとんど取らない人がいて、日本の状況と比べてもかなり過酷な環境となっています。海外と比べてみますと、日本の女性の労働環境はアメリカよりは少しいいように見えますが、オセアニアやヨーロッパに比べるとかなり見劣りします。今後は、ヨーロッパのように出産、育児休暇の先進国となり、女性の働く環境を守っていくことが必要となってくるでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です