ひとつの社会問題を前にして

 医歯薬の業界においても人材不足が懸念されることが少なくないでしょう。世の中で病院にかかる方や重症の方がいるのに、医歯薬の社会で人材不足が発生することは致命的なこととなるのです。そのため、国を挙げて医歯薬の人材不足を解消するための働きかけが急務となり、患者である方が誰もが病院にかかれるような人材育成に本腰を入れていくべきなのです。もしくはすでに先の対策を実行しているかもしれませんが、情勢が情勢であるだけになかなか思ったような医療の社会での必要な人員を補充するということは容易なことではないのでしょう。
 医歯薬の業界でこのままずっと人材不足が続くようでは、日本の明るい未来に影を落とすこととなり、治療や看護が必要な人がいるのにそうした人を助ける人がいない世の中となったときに、日本は危機に瀕することとなるのです。本来であれば人と人とが支え合っていかなければならない社会の構図が、医歯薬の人材不足によってその構図がいとも簡単に崩れ去ってしまうという危惧さえも懸念されるようになるのです。言い換えれば、医療人の人材不足によって、救われるべき命を救えないという事態を引き起こしかねないのです。救いたい命が目の前にあるにもかかわらず、何もできない無力感に苛まれることとなるのです。だからこそ、そうした無力感の漂う社会とならないためにも、自分こそが医歯薬の社会に希望の星として先導していくことができるのだという方が現れることは、ごく当り前なことなのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です